権利を活用・購入したい方へ!

< 一覧へ戻る
特許・実用新案・意匠

日本で初めてのスタンダードな手品「POE(ポー)」(意匠権)

【掲載期間】

2021年4月9日まで

【試作品貸し出し】

試作品を貸し出します

【保険加入状況】※知財訴訟費用保険とは?

未加入

【希望譲渡金額】

ライセンス【契約金】

ご相談に応じます。お問い合わせください。

ライセンス【%】

ご相談に応じます。お問い合わせください。

【商品についてのテキスト(権利所有者のコメント)】

人物(事物)当てマジックは古くからあり、手品界では割とメジャーでいくつかあるものの、なかなかマニアの中だけのものの域を出ず、世の中に定着していません。

一方、物が溢れる今の時代は絵(イラスト)などの平面画に魅力があったとしても使用用途のない物は購入を敬遠されます。

そこで、魅力的な平面画を手品を載せて意味を持たせ価値を見出す事を思いつきました。 

そして、このからくりカードに推理小説家のエドガー・アラン・ポーを由来に「POE」と名付けました。

これが上手く定着し、普及されれば日本で初めてのスタンダードなパズル手品となります。
このカードがトランプやUNOのように人々に身近な玩具になったらどんなに面白いだろう?
そんな事を夢に見ています。


老若男女問わず誰でも簡単にでき、子供の自己効力感・人によっては数学への関心が育ち、高齢者の認知症予防などにもお役に立てるかと思います。
印刷物なので安価に生産でき、嵩張らない。
売り方によってローリスクハイリターンを望める非常に夢のある商品です。

【商品の説明】

5枚で1セットの、16種類の図柄の中から相手の考える図柄を当てるからくりカード。
うち4枚は特徴のあるくり抜きのカードで、その意匠権。

☆使い方☆
①4×4のマトリックスから成る16種類の図柄が描かれたくり抜きのないカードをマスターカードとします。
②マスターカードから相手に1種類の図柄を選んでもらいます。
③くり抜きのある4枚のカードを見せ、相手が「ある」と言えばそのカードを上下正しく、「ない」と言えばそのカードを上下逆さにして裏返します。
④全てについて同じ手順で重ね、最後にマスターカードと重ねると窓に選んだ対象が見えます。

上記権利についてのお問い合わせ



販売ライセンス






必須

個人情報の取り扱いに同意する


QA/知って得する!権利に関する質問

権利に関する質問一覧

QA/よくある質問

よくある質問一覧