権利を活用・購入したい方へ!

< 一覧へ戻る
特許・実用新案・意匠

痴漢・盗撮防止防犯防災鞄

【掲載期間】

2022年5月9日まで

【試作品貸し出し】

試作品の貸し出しはありません

【保険加入状況】※知財訴訟費用保険とは?

未加入

【希望譲渡金額】

権利譲渡は希望しておりません。ライセンス契約を希望します。

ライセンス【契約金】

ご相談に応じます。お問い合わせください。

ライセンス【%】

ご相談に応じます。お問い合わせ下さい。

【商品についてのテキスト(権利所有者のコメント)】

近年多発している痴漢、盗撮、刃物を持った暴漢、建物内の火災などのニュースを見たのがきっかけです。
警備員の経験があり、警備検定の資格を持っているので危機管理の知識経験で考案しました。
年齢、職業に関わらず広く需要があると思います。

【商品の説明】

【目的】
痴漢や盗撮から身体を他人の邪魔にならないように保護し、使用時に内部に収納した物品を破損しない鞄。
また、不審な液体から鞄の中身を守り、暴漢に遭遇時には身体を守り、火災時には頭部を保護しつつ避難できる機能を持つ。

【解決手段】
通常長手方向を横にして携行する鞄を、縦にしてベルトで携行する事により、身体の一部分を保護する。(図1)
横方向だと満員電車では他人の邪魔になり、道では車や自転車との接触の危険があるが、縦方向でそれが減少する。
特に下腹部、又は臀部から太ももまで痴漢被害にあい易い部分を上下により長く物理的に保護できる。
後ろに保持すると階段やエスカレーターで下側からスカート内を盗撮されるのを防げる。(図2)
内部に上下保持袋を設けると、鞄の縦横の方向を変えた時、収納物(タブレット 、食品等)が内部での移動や落下による破損を防げる。(図3)
側面に不浸透性の防御板を内包する事により、不審な液体の浸透による鞄の中身の汚損を防ぐ。(図4)
防御板が堅牢な材質の時は、鞄その物を盾として暴漢などから身体を守れる。
例えば2mmのポリカーボネート板なら通常の刃物を防ぐ堅牢さを有し、火にも強い。
防御板に取っ手が付いている時は取り出して簡易盾として使用できる。
建物内で火事に遭遇した時は防御板を取り出して、頭部を保護しながらの避難に使う。

【ポイント】
最小構成は横にベルト用金具1個を付けるだけで低コストで実現できます。
普段使う通勤・通学に対応できるので携行する物が増えず、特別な操作無しで痴漢・盗撮の被害にあいにくい格好になります。
組み合わせで保持袋、防御板などが付きますが、布、ポリカーボなど安価に流通している物です。

第31回伊勢崎市創意くふう作品展で最高賞の県知事賞を頂きました。(図6)

販売時のアピールになると思います。

上記権利についてのお問い合わせ



販売ライセンス






必須

個人情報の取り扱いに同意する


QA/知って得する!権利に関する質問

権利に関する質問一覧

QA/よくある質問

よくある質問一覧