権利を活用・購入したい方へ!

< 一覧へ戻る
特許・実用新案・意匠

エチケット・ハンド

【掲載期間】

2022年11月24日まで

【試作品貸し出し】

試作品を貸し出します

【保険加入状況】※知財訴訟費用保険とは?

未加入

【希望譲渡金額】

2,000万円(税別)を希望しております。お問い合わせください。

ライセンス【契約金】

10万円(税別)を希望しております。お問い合わせください。

ライセンス【%】

純利益の5%もしくは売上の3%を希望します。お問い合わせください。

【商品についてのテキスト(権利所有者のコメント)】

①新型コロナ観戦拡大による緊急事態宣言の連続で、居酒屋経営が逼迫する恩師の姿を見て「何かの役に立ちたい」と思ったこと。

②私は8年前の脳出血により右手が不自由でありますが会食の際のマスク着脱が容易でありません。
また、職業上会食中にマスクの着脱が困難な人も居るはずです。
リスキー極まりない会食中の会話につきまして、発想を転換して会話の時だけ「エチケット・ハンド」を填めた手を口元にもっていけば、コロナ感染の原因といわれる「飛沫」がブロックできます。

【商品の説明】

野球で野手がピッチャーを中心に集まるとき、選手がみんな口元をグローブで隠す姿をヒントにしてます。
したがって初めはグローブ型だったのですが、改良を重ねていくうちに“鍋つかみ”とソックリな形状になったのです。
しかしながら、“鍋つかみ”と異とするところは生地が薄いため食器を掴めることです。
また、折り畳みができるため職場や外食先などどこでもポケットに収納することができるということです。
色々な柄の生地で作ることが可能なため、ファッション・アイテムとしての将来性もあります。
なお、手首部分を固定するゴムを中に入れることは欠かせません。

【弁理士・弁護士名】

益田博文弁理士((特)第一国際特許事務所)

上記権利についてのお問い合わせ



販売ライセンス






必須

個人情報の取り扱いに同意する


QA/知って得する!権利に関する質問

権利に関する質問一覧

QA/よくある質問

よくある質問一覧