クライアントとの綿密な打ち合わせをもとに、権利化の方向性を見極める

福井仁弁理士 福井特許事務所

福井先生は、事務所にお越しのお客様にはホワイトボードを使って図解を交えながら、理解してもらうことを心がけています。「特許は難しいので専門の先生に任せる」ではなく、ご自身の特許は財産ですから、きちんと理解してほしいと常に心がけております。

セールスエンジニア時代に培った技術力

弁理士になる前、どのようなお仕事をされていたのでしょうか?

外資系の計測機器メーカーのセールスエンジニアをしていました。営業さんと同行してクライアントに自社製品の導入を提案したり、導入した後のサポートをしたりしていました。クライアントの依頼を受けて計測機器のシステムを構築したり、ユーザーインタフェースのプログラムを作成したりもしていました。その後、クライアントであったベンチャー企業の誘いを受けて転職し、光学通信機器メーカーの製品検査ラインの構築を行いました。

なぜ弁理士になろうと思われましたか?

転職先の光学通信機器メーカーの経営が傾いてしまったので、何か手に職をつけられないかと思って弁理士を目指すことにしました。もともとセールスエンジニアをしていましたので、発明者の話をしっかりと聞いて理解し、内容をまとめて明細書の作成をしたり、わかりやすく制度についての説明をしたりする弁理士の仕事は自分に向いているように思ったのです。

専門的かつ幅広い知識を最大限に活かす

どのような案件を得意とされていますでしょうか?

機械・電気・ソフトウェアと幅広い知識の必要な計測機器の仕事をしていましたし、学生時代はロボットの研究をしていましたので、どのような案件であっても基本的に対応できますが、化学やバイオの分野は不得手です。

弁理士として大切にしていることを教えてください。

クライアントとの打ち合わせの時間を大切にしています。しっかりと発明を理解し、どのような形で権利化を目指すのか、ということをクライアントに説明するようにしています。

弁理士は、専門家だから誰に頼んでも同じだろう、大丈夫だろう、と考える方は多いと思いますが、同じ発明であっても、その捉え方や権利化の方向性は弁理士によって大きく違ってきます。クライアントに安心してお任せいただけるように、打ち合わせに時間をかけて合意を形成できるようにしています。

私の事務所にお越しの際は、このホワイトボードに大きく書いて説明しています。

編集後記

福井先生は「セカンドオピニオン」でもいいんです。知財でわからないことがあったら相談してください。相談は無料ですから。と常におっしゃいます。
特許の出願書類は専門用語が並んでいて、何が書いてあるのかわからなかったりしますが、福井先生はきちんと出願者にもわかるようにお話ししてくださいます。 【推薦:松本奈緒美】

福井仁弁理士 弁理士

福井特許事務所

東京都杉並区

<知的財産コンサルタントとして>
私どもは、このような知的財産を保護したい!と考えている方にとって、
お気軽にご相談いただける身近な弁理士でありたいと考えております。

<お客様との打ち合わせを大切にします>
知的財産権を取得するには、アイデア・デザイン・ネーミングの内容を記載した書面を作成し、この書面を特許庁に提出する必要があります。私どもは、お客様に納得していただける書面を作成すべく事前に綿密な打ち合わせを行います。また、お客様からのご質問に対しては丁寧な説明を心掛けています。