当たり前かもしれませんが、人が喜んでくれることに喜びを感じます。

金子宏弁理士 東京金子特許事務所

金子先生は、外資大手コンピューター会社から、ベンチャー企業に取締役で入られて、企画や技術面でサポートされていたという異色の経歴をお持ちの方です。経営者の立場から、知財活用を総合的に判断することができる先生です。

顔の見える「誰か」のお役に立ちたいと思ったのです。

弁理士になる前はどのようなことをされていたのでしょう?

私は、コンピューター会社から、やはりコンピュータ関係の新技術を持つベンチャー企業の取締役をしておりました。技術的な知識がありましたので、企画や技術面でサポートをしておりました。役員なので、経営的な仕事ももちろんしておりましたよ。その会社が上場したので、私は一つの仕事が終わったように感じ辞めました。

上場企業は組織で動きますからね、ルールに従って動かなければなりませんので、私にとっては、なんだか窮屈に感じたんですね。(笑)
一人のために、自分の知識がお役に立つ方が、幸せ感があるんじゃないか?と思ったのです。

経営者側が考える知財戦略を考えられる、ということですね。

役員をやっていた時に効果的な特許・商標の取得で、弁理士の方に会社の考えをお伝えすることに努力しましたので、私は弁理士としての業務をさせていただくにあたり、「経営者」としての立場で、知財をどのように活用していくかという視点で考えます。

特に、出願にとどまらず日常業務におけるご相談を含んだ「知財フルサポート」を実践し、また、費用対効果を明示してお客様にご納得いただけるリーズナブルな料金でサービスをご提供することを徹底いたします。

「リーズナブル」という言葉を少し説明してください。

「リーズナブル」というのは、その方の目的に合った出願、その方に合ったコンパクトな知財戦略のご提案という意味です。ビジネスに見合うか?ということも実は大事なことです。無駄な出願は決して勧めません。そんな意味で「リーズナブル」という言葉を使いました。

最近は、海外から日本に出願したいというお客様が増えています。

英語圏、中国の出願などご相談ください。

私は海外の案件もとても多いのです。現在は海外から日本へ出願したいというお客様が増えております。日本の皆様も海外への出願などお気軽にご相談ください。

編集後記

金子先生は、発明ラボックスの個人会員様にもとても誠実に対応してくださっており、一度お願いするとリピーターの方は多いです。私も事務所にお伺いすると、豊富な経験に基づくお話についつい聞き入ってしまいます。【推薦:松本奈緒美】

金子宏弁理士 弁理士

東京金子特許事務所

東京都新宿区

特許出願では、発明の本質を正しく権利化することが重要になります。

数多くの特許出願をする大企業であればまだしも、1個の、または数個の特許出願で有効な権利を得るためには、本当に権利化したい部分を明確にして狙っていくことが必要になる場合も多いものです。

実際の出願では、お客様のご希望をよく理解し、特許法などの法律をご説明し、お客様と当事務所の共同作業でゴールを達成することになります。小さな特許事務所として、個人のお客様の特許出願のお手伝い、すなわち共同作業をさせていただいた経験があり、成功して特許を取得した例もいくつもございます。