オリンピックに関する知的財産等の無断使用および不正使用等について、公式ホームページでまとめられていましたので、ご紹介します。

 

オリンピック・パラリンピックに関する知的財産等の無断使用および不正使用ないし流用は法的にも罰せられます。

 

オリンピック・パラリンピックに関するエンブレム、ロゴ、用語、名称をはじめとする知的財産は、日本国内では「商標法」、「不正競争防止法」、「著作権法」等により保護されています。また、日本国政府としても、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会(東京2020大会)を招致するにあたり、国際オリンピック委員会(IOC)に対し、オリンピック憲章の遵守とオリンピック・パラリンピックの知的財産等を適切に保護することを誓約しています。

 

オリンピック・パラリンピックに関する主な知的財産として、オリンピックシンボル(五輪のマーク)、パラリンピックシンボル(スリー・アギトス)、エンブレム、マスコット、ピクトグラム、大会名称、画像、音声等が挙げられますが、これらはIOC及び国際パラリンピック委員会(IPC)が定めたオリンピック憲章及びIPCハンドブックに基づき、日本では、日本オリンピック委員会(JOC)、日本パラリンピック委員会(JPC)及び東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(東京2020)が管理を担当し、その使用には、これら団体からの事前の許諾が必要となります。

 

詳しくはこちらをご覧ください >>

 

(参照)
公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会:https://tokyo2020.jp/