◆「台湾知財セミナー~台湾における知的財産侵害事件の取締り~」のご案内

   台湾では、知的財産侵害事件の捜査・取締り・差押え等を専門に扱う警察部門として、2002年に刑事警察大隊(旧保護智慧財産大隊)を創設し、知的財産の保護の強化を図ってきました。一方、近年の知的財産侵害は、国際化が進むとともに、インターネットやSNSを用いた新たな態様で模倣品が流通する等、その専門化、複雑化が進んでいます。 

 公益財団法人日本台湾交流協会では同大隊の大隊長をお招きし、最近の知的財産侵害の状況と対策、刑事警察大隊の新たな取り組み、権利者の効果的な協力のあり方等、台湾で知的財産活動を行う上で役立つ情報をご紹介いただきます。

  

 ◆東京会場(定員90名)

【日時】平成29年9月5日(火) 13:30~16:30(受付開始 13:00)
【会場】ベルサール六本木コンファレンスセンターRoomB
 (東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー9階)  

 

◆大阪会場(定員50名)

【日時】平成29年9月7日(木)13:30~16:30(受付開始 13:00)
【会場】ハービスENT貸会議室1
 (大阪府大阪市北区梅田2-2-22 オフィスタワー9階)  

 

◆プログラム(東京・大阪共通)

 13:30~13:35
開会挨拶 公益財団法人日本台湾交流協会
 貿易経済部長 江藤 俊浩(予定)

 13:35~16:05
①「新しい知的財産侵害事件の態様とその取締り(仮)」
講師  李泱輯・内政部警政署保安警察第二総隊刑事警察大隊長

(休憩時間 10分)     

 ②「刑事警察大隊の概要と企業との連携(仮)」
講師 謝宜安・内政部警政署保安警察第二総隊刑事警察大隊第三組長
 ※講演は中国語及び逐次通訳 


16:05~16:30  全体質疑

 

詳細・申込等はこちらからご確認ください  >>

 

(参照)
特許庁:https://www.jpo.go.jp/indexj.htm
公益財団法人 日本台湾交流協会:https://www.koryu.or.jp/ez3_contents.nsf/Top/7C2373F7D8B404014925817200252992?OpenDocument