まず、相手の特許権の損害を特許原簿で確認します。

相手の特許権の存在が確認できたら、特許権侵害となっているかを判断します。訴訟は、双方にとって負担が大きいため、なるべく避けるように交渉を進めましょう。