製品を販売してから6カ月以内であれば、新規性喪失の例外の手続をすることで特許取得が可能です。
そのときは、販売場所や販売日等を示す書面を提出する必要があります。