国内優先権で出願した時点から1年以内でしたら、その時に付加した内容のみ、また国内優先権制度を使って、外国出願をすることができます。その内容も1年を過ぎると出願ができませんので、時期にご注意ください。