開発コスト軽減・スピードアップなら特許を買う選択。

自社新商品開発をする際、企画→開発をして特許を出願というプロセスを踏襲しておられると思いますが、時間がかかってませんか?

せっかく、開発に時間をかけたのに、特許調査をしたら類似があり特許取得は難しいと判断して開発を中止した、また条件の良い補助金が出ているから新商品の企画を早くしたい、というメーカーさんもおられるのではないでしょうか?

実は、すでに取得されている特許から商品開発をするということは開発時間の時短にもなりますし、特許を取得した人の「物語」もありますから、商品価値をグンと高めることができるのです。プレスリリースも、共感の得られるテーマとなりマスコミにも取り上げられやすくなるのです。

資金調達にも有利に

中小企業診断士・経営革新等認定支援機関

大橋 信太郎先生 (大橋中小企業診断士事務所)

すでに取られている特許を商品開発することで、経営リスクは軽減します。

特許権があるということを強みとし、金融機関からの借り入れや資金調達をし商品開発をするということもできます。商品企画をすることに慣れていない製造業者の皆様も「何を作ろうか・・・」を考えるよりは、売れそうな商品アイデアの特許を探して作る方が効率的な場合があります。

法政大学経済学部卒。精密機器メーカーにて、海外営業、経営企画などに従事。
東京商工会議所、中小企業基盤整備機構、大手企業なのでloTやインバウンドビジネスに関するテーマでセミナーを多数実施。
主な業務:知財戦略の策定・実行支援、成長戦略の策定・実行支援、loTサービス開発支援、海外展開支援、医療機器新市場開拓・新商品開発支援、インバウンドサービス開発支援

知財戦略にも

弁理士

松下 恵三先生 (横浜中央合同事務所)

基本的な特許権を購入し、開発した時点で足りない権利を補うこともできます。
基本特許を押さえておくことによって安心して開発にも専念できる。また、出願して3年以内の実用新案権は、その実用新案としての登録内容に基づいて特許出願ができますので、開発した商品と類似していた、または今後の開発したい商品の出願だった、などのケースも権利購入をしておくと安心して開発業務ができるでしょう。

University of London, Queen Mary (法学修士 知的財産法)、慶應大(法律)、武蔵工大(機械)卒。日本hp株式会社 知的財産本部において知財契約業務、社内教育等を担当 拓殖大学 非常勤講師(知的財産管理論)2008-2014

商品開発サポートも

代表取締役

松本 奈緒美 (株式会社発明ラボックス)

私どもは「生活の中から生み出されたアイデア」を商品とすることを続けて参りました。
一般の方のアイデアには、「物語」があります。商品に「物語」があるとメディアでも取り上げてもらったり、通販でも売りやすくなるという大きなメリットがあります。売れる商品の開発はお任せください。

知財オークション一覧