調査結果は、特許を取得できるかの判断材料となるため、行うべきです。

調査結果を確認することで、他社の特許権を侵害してしまうという事態も防止することができます。そのほかにも、他社の技術動向把握や研究の方向性決定などのメリットがあります。